ファスタナには、筋肉を作るための栄養素のプロテインやHMBが入っています。
そのためファスタナを飲んでいれば、筋肉が付いて引き締まった体になるのではと考える人もいます。

 

しかし、それは間違っています。

 

筋肉は、筋肉トレーニングなどの運動を通して、筋肉が傷つき、回復するときにより太い筋繊繊維が作られてくるものです。

 

そのためファスタナを飲んだとしても筋肉トレーニングを行わないのならば、筋肉は付きません。

 

ファスタナに入っているプロテインやHMBというのは、筋肉が付くときに、菌繊維を作ったり、筋肉の疲労を回復する効果を高めることに効率よく使われるのです。

 

でも、筋肉を使っていなければ、その栄養素は使われず、そのまま排出されてしまうのです。

 

そのため、ファスタナを飲んでも、筋トレしなければ筋肉は付きません。

 

筋肉をつけるためのファスタナの飲み方や飲むタイミングは?

 

筋肉を付けて引き締まった体を作るためのファスタナの飲み方は、運動時の30分くらい前の飲むことです。
運動中に栄養素が体を巡り、プロテインやHMBが筋肉のエネルギー源として働き、強い力を生み出すのに役立ちます。
その後、筋肉の疲労回復に役立ちますね。

 

筋肉トレーニングは、毎日行うものではなく、負荷をかける日と、書けない日を作る必要があります。
ですが、飲み忘れがないようにするため、筋トレする時間に合わせて、毎日同じ時間に飲むようにしてくださいね。

 

毎日飲み続けることで、プロテインやHMBがシッカリと筋肉を作るのをサポートしてくれます。